アーティスト50音検索

シリーズ・特集

▶商品詳細検索へ
人生舞台

水前寺清子

1964年10月15日発売のデビュー曲「涙を抱いた渡り鳥」が大ヒット。
「NHK紅白歌合戦」では1965年(第16回)から1986年(第37回)まで22回連続出場を記録し、その内紅組の司会を4回も務めた。
男っぽい和服の着こなしやショート・ヘア、庶民的な親しみやすいキャラクター、独特のコブシを利かせた爽やかな歌声で人気を博し、「いっぽんどっこの唄」「三百六十五歩のマーチ」など次々と大ヒットを連発。
また主演テレビ番組の驚異的な視聴率獲得等まさに芸能界における歴史的偉業を達成し、今なお現役で活躍中。